子どもの矯正治療|広島市中区紙屋町の矯正専門歯科医院 ティースマイル矯正歯科

ティースマイル矯正歯科

ティースマイルの子どもの矯正治療

  • 歯ならびが気になる
  • 受け口になっている
  • 出っ歯かも
  • いつ始めたらいいんだろう・・・

など、お子様について気になることがある方は多くいらっしゃるかと思います。

矯正治療では、将来的に永久歯列できれいに並び、うまくかみ合うことを目的にしていますが、成長期にしかできないことや早く行ったほうが望ましいことがあるため、子どもの時期から矯正治療を始めたほうが良い場合が多いです。


子どもの矯正治療の主な目的

  • 永久歯のはえるすき間を増やす、あるいはキープする
  • 上あごや下あごの成長を整える
  • 歯ならびに影響をあたえる癖(指しゃぶりなど)に対応する

など

矯正治療では、子どもの時の矯正治療を1段階目の治療、引き続いて大人になってから行う矯正治療を2段階目の治療というように2段階に分けて行うことが多いです。1段階目ではまだ永久歯がすべてはえていないために、細かい調節は2段階目の治療で行います。そのほうが装置をつけておく期間が短くなるからです。しかしながら、成長期の子どもの時期にしかできないことや早く行ったほうが良いこともあるので、上記のようなことが子どもの矯正治療では目的となります。

子どもから治療を始めた場合、2段階目の治療は必要に応じて行うので、行わないこともあります。

状態によって治療はさまざまですので、まずは、お電話またはホームページからお気軽にご予約ください。

ホームページからのご予約


治療費について 25万円+調節料、観察料~

当院では、できるだけ多くの方々が治療をできるように、治療費は明確化しております。

また、子どもの時期からでも矯正治療を始めやすいように、子どもの時期から始めて(1段階目の治療)引き続き大人の治療(2段階目の治療)まで行う場合でも、大人になってから始める場合でも、基本治療費は同じに設定しております。

金利・手数料なしで分割することもできます。

詳しくはこちらをご覧ください。⇒ 治療費について


装置について

装置近年、不正咬合は口のまわりの筋肉や口唇の力および舌の力などが歯の位置や骨格に影響しているという考え方が広がってきています。

そこでそれらが原因の不正咬合であれば、その力を取り除くことによって不正咬合は改善することがあります。

よって当院ではまず写真のような取り外しのできる簡単な装置を用いて、不正咬合の改善を始めることも多いです。もし筋肉、口唇や舌の力の不均衡によって生じている不正咬合であれば、この装置である程度の改善が見込まれます。

しかしこういったことが原因でない場合には、上記の装置では改善が見込めない場合もあります。その場合には器械的な力、すなわち矯正力をかけることが必要になってきます。

2段階目(永久歯にすべてはえかわってから)の矯正治療についてはこちらをご覧ください。⇒ 大人の矯正治療

ページの先頭へ戻る

オンライン予約

082-240-1182